募集中の区分マンションの入居がようやく決まりそうです

競売・区分投資

概要

8月中旬から募集中の区分マンションについてようやく入居が決まりそうです。

区分マンションの募集経緯

墨田区の区分マンションの入居者が結婚を理由に8月末で退去することになって8月中旬から募集をしてますが全然決まりません。

8月に募集を開始した時は早々に生活保護者からの申し込みがありました。
属性はこのような感じでした。

40代で足が不自由な女性(生活保護)

ペットも飼育中

業者からは「申込書を送ります」と連絡がありましたが結局申込書が届かずこのようなやり取りがありました。

--------------------------------------------------
ヨッシー:「申込書届かないんですけど」

業者:「実は入居希望者の方が明日現地を見にいって日当たりなどを確認してから申し込みたいと言っておりまして」

ヨッシー:「え?もう申し込むと言っていたと思うのですが。(賃貸中のため)室内には入れないので外から見てもあまり意味ないと思いますが」

業者:「やはり生活保護受給者ということもあって少し変わった方でして・・・」

ヨッシー:「わかりました」
--------------------------------------------------

その後待っていましたが結局業者から連絡は来ませんでした。
こちらとしては待っている身ですから業者も断りの連絡くらいは入れていいと思いますし、生活保護受給者はクセがありますので今後は関わらないほうが良さそうだと再認識しました。

その後も風俗嬢からの申し込みがあったりしましたが私自身も難色を示していた結果キャンセルとなったり、業者からの反響は結構あるのですが申し込みには至らない状況が続いていました。

私自身も10月上旬にクロスの塗装をしに行ったりと申し込みが入るよう色々と動いていました。

区分マンションのクロス塗装リベンジ

売却活動では動きあり

先週末に区分の売却を依頼しているS社の担当者から動きがありました。

S社:「賃貸は入りましたでしょうか?」

ヨッシー:「すいません。まだ決まってません」

S社:「そうですか。現状購入見込みのお客様は居り契約等は12月を目途にしたいと希望されてます」

S社:「ただ、賃料75000円で入ればの見込みですので、空室や入居者の賃料が下がる様であれば価格にも響いてきます」

ヨッシー:「そうですよね・・・最悪フリーレント付けるなどして埋めますので・・・」

S社としては当初から抱えている顧客(業者)に話をしているようで75000円で賃貸が付けば1500万円で成約できる見込みはあるようです。
何としても75000円で入居をつけないといけません。。。
komatta_man2.png

生活保護者から再アプローチ

そんな状況の中、8月に立ち消えてしまった生活保護者を斡旋してきた業者から連絡がありました。

ヨッシー:「もしもし」

業者:「墨田区の区分マンションですがまだご紹介可能でしょうか?」

ヨッシー:「はい。中々決まらないんですよね・・・」

業者:「実は先日申し込みされた生活保護の方から連絡がありましてまだ申し込み可能か確認があったのですが如何でしょうか?」

ヨッシー:「え?本当ですか?」

happy_man6.png

ちょうどタイミングよくアプローチがあったのでまさに渡りに船です。

当然、業者に二つ返事で回答しました。
















2018_1023_003219AA.jpg

ヨッシー:「前回も結局連絡ありませんでしたしちょっと生活保護でクセがある方ですので」

業者:「そうですよね・・・。次回からはちゃんとした方をご紹介しますね」

ヨッシー:「最初からちゃんとした人を紹介しろよ」

というわけでどうせ年明けに売却する物件ですので受け入れてもよかったのですがさすがに非常識とわかっている人と取引に応じるのはプライドが許せませんでしたので断ってしまいました。

ようやく入居申し込みあり

せっかくの申し込みは断りましたが、昨日宅建試験が終わった後に業者から連絡があって別の方から申し込みが入りました。

今度は20代男性の正社員(明治からある従業員数千人の企業)で収入もしっかりありちゃんとした方のようです。

ただ「入居開始を12月からにして欲しいのと賃料を少し下げて欲しい」との事でした。

私としては75000円で入居付けすることは必須条件だったので賃料を下げることはお断りしましたが12月賃料発生日とすることはOKとしました。

空けていても仕方がないので「入居自体は11月からでも構わないので11月中はフリーレントでいいですよ」とお伝えしました。

こちらとしては条件のよい方と契約できれば多少空室期間が延びても構いません。

先日の生活保護の件などもあって業者側も「絶対にキャンセルは出来ないですよ」と強く入居希望者に言っているようです。

現在は保証会社の審査をしており問題なく通過しましたら週末には契約との事でした。

12月賃料発生でしたら空室期間はちょうど3カ月となります。

賃料を相場より少し上げてしまうと空室期間はかなり長くなってしまいますね。
やはり募集賃料は相場通りにして空室期間は短くしたほうが良いと思います。


コメント

タイトルとURLをコピーしました