入居者からの恐怖の電話・・・

日記

概要

本日1棟目アパートの入居者から電話がありました・・・

電話の内容

大体入居者から電話がある場合は退去の連絡かクレームがほとんどです。
いずれにしてもオーナーにとっては聞きたい話ではありませんので基本的には着信に入居者の番号が出るとドキっとします。
仕方がないので恐る恐る電話に出ました。

ヨッシー:「はい。ヨッシーです」

入居者:「入居者の○○ですが宅配ボックスが開かないので開けてもらいたいんですけど」

この瞬間、心の中でガッツポーズしました。
この入居者は全く問題を起こさない方で長く借りて頂きたいと思っているのと、1階の入居者のためこの時期に退去となると痛いので、退去連絡でなくてホッとしました。
businessman_gutspose.png

ヨッシー:「わかりました。それでは今から伺います」

というわけで現地へ行って宅配ボックスを開けて入居者へ荷物を届けました。

宅配業者の不在票を見せてもらいましたが、宅配業者が入居者に通知した暗証番号と実際に施錠された暗証番号が違っていました。
したがって宅配業者へすぐ連絡して事情を説明して今後は気を付けてくださいと注意しました。

正直宅配ボックスを開けるだけのために大雨の中を往復3時間かけて駆け付けたくはなかったですがこういったクレームに迅速に対応しないと入居者からの不満も強くなってしまうので早期対応するに越したことはないです。

別作業について

ついでに現地へ行って下記作業をしてきました。

防犯カメラを電池式から電源から給電する形に変更

アパートに付けている防犯カメラは電池式でどこにでも取り付けられるのがウリなのですが、2か月に1度程度電池を交換するのが正直面倒です。
また通常の電池とは異なり「CR123A」という少し高価な電池になりますのでランニングコストもそれなりにかかります。
したがってカメラを電源から給電するためのケーブルを2000円で購入して現地に取り付けてきました。

2018_0623_190248AA.jpg

ケーブルが長く少し格好悪いですが良しとします。
一応問題なく給電されていたのでどのくらい使えるかわかりませんが半年くらい使えれば元は取れます。

消火器台の交換

消火器を置いている台が経年劣化で見えなくなっていました。
2018_0623_185032AA.jpg

正直これでは美観を損ねているので交換してきました。

2018_0623_185054AA.jpg

1棟目アパートについては先日もブログに記載しましたがいろいろとDIYで修復を行う予定ですのでこれから夏ぐらいまで現地に通う機会が増えそうです。
今は取り付ける商品などを着々と購入しているところです。

アパート補修に関する打ち合わせと対応方針決定


コメント

タイトルとURLをコピーしました