サラリーマンでの業績評価

本日サラリーマンをやっている会社で上司と評価面談を行いました。
ある程度大きな規模の企業では大体、期初に目標設定をして期末に目標の達成結果を評価されて翌年度の昇進やボーナスに反映されます。
うちの会社では年度の上期と下期にそれぞれ目標設定して期末に評価されます。
評価ランクはS、A、B+、B、B-、C…の順で決定され、Sは会社で1人程度、Aは部署に1~2人程度、B+は部署の上位20%程度で、Bが平均の評価になります。

私は約2年前に今の会社に転職しました。
従って本日受けた評価を含めて4回評価を受けたことになります。
評価結果は下記になります。

2013年度
上期:A
下期:A

2014年度
上期:B+
下期:B+(今回受けた評価)

結果だけを見ると優秀な社員のように見えますが別に自慢をしたいわけではないですし能力も特に高くありません。
ちなみに前に在籍していた会社でもほぼ同じような評価システムでしたが評価は毎年酷いものでした。
前の会社を退職したのも結局会社から評価されていないのはわかっていたので居続けていても先は無いと思ったのも理由の一つです。

前の会社で評価が低かった理由も、今の会社で評価が高い理由もこれに尽きると思います。

上司に気に入られているか否か

当然上司に気に入られるためには本人の仕事に対する姿勢も問われると思いますが、仕事はきっちりとこなすのに上司からの評価が低い社員は沢山います。
そして一度上司に嫌われてしまうと、その印象を覆すことは容易ではなく悪い評価が積み重なっていきます。
そして一度でも悪い評価を受けてしまうと会社の出世コースからは外れて給与も上がらずリストラに怯えながら過ごすことになります。

私は2年前に今の会社に拾ってもらったので会社に対しては恩返しをしたいと思っています。
ですので配属されたプロジェクトではそれなりに一生懸命仕事をしているので客先からの評価はそれなりに高いと思っています。
ただ、仕事は基本的に客先に常駐で働いているので上司は私の仕事っぷりを見ているわけではありません。
では上司は部下のどこを見ているかといえば結局は基本的なことだと思います。

・勤怠に問題ないか(遅刻・欠勤が多くないか)
・報・連・相をしっかり行っているか
・評価面談でしっかり業績をアピールしているか
・会社から与えられた課題は手を抜かずにこなしているか
・上司を会話する際にさりげなくやる気があることをアピールしているか

一度上司から高い評価を得られればあとはその期待を裏切らないように維持していけば高い評価は続いていきます。
結局は第一印象が大事ということです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました