妻が宅建を目指すと言ってきました

資格取得

概要

先日のブログで今年の秋に宅建を受験すると書きましたが、妻が自分も宅建を目指すと言ってきました。

宅地建物取引主任士を目指すことにしました

study_woman_normal.png

動機

妻の言い分では私がやっている不動産の仕事を少しでも理解したいようです。
金持ち父さんの本を読んだり、私が勧めた不動産関連のブログを見たり、物件を一緒に見に行ってくれたりセミナーに来てくれたりします。
最近は私と不動産関連の話をしても普通に会話が成立しますし物件を見に行ったりしたら結構自分の意見を言ってきたりします。

妻は基本的に私の不動産活動を積極的に理解してくれるのと、私のリタイア生活に寛容なので結婚して良かったなと思っています。
元々結婚する前から「いずれ不動産中心に行っていきリタイアするつもり」ということは説明していましたがそこに共感してくれなかったら結婚はしていなかったと思います。

リタイアしても生活に問題ないということは数字を交えて説明しているつもりですし、私がリタイアすることで妻にとってもメリットがあることも理解してもらっています。
そういった経緯もあって家事や子育てはほぼ私がやるということになっています。

合格に向けて

今回購入したフォーサイトの教材はDVDを観ながら学習するスタイルですので初学者には良いと思います。
わからないことは私がフォローするしかないかなと思ってます。
2018_0511_135301AA.jpg

妻の場合は初学者のため一般的には300時間くらいは勉強しないと厳しいです。
最近は少し余裕が出てきたとはいえ妻は医師のため圧倒的に時間は足りません。
宅建の受験日は10月21日なのであと163日しかありませんので300時間の学習時間確保のためには1日平均2時間くらいはやる必要があるのですが厳しいかもしれません。
ただ妻は国立の医学部を突破してきたので私とは地頭が全く違うため200時間くらいで受かるかもしれないです。
最終的に妻が合格して私が不合格となる可能性も十分あると思ってます。
(宅建は基本暗記なので不動産業界未経験の大学生とかでも合格は可能ですので・・・)


コメント

タイトルとURLをコピーしました