新築アパートの融資について金融機関へ打診中

概要

先日検討中の新築アパートがあるとブログに記載した物件について現在金融機関へ打診している件です。

久しぶりに新築アパートに買い付けを入れようか検討しています

業者とのやり取り

前回のブログでは業者に対して私の個人属性・資産状況などの経歴書を送付したのですが、業者側から連絡があって1棟目の融資を受けた金融機関へあたって見ることになりました。
私が2億円を返済期間25年、金利1.2%で借りていることに非常に驚いていて「弊社の紹介する金融機関ではそれ以上の好条件で融資は受けられない」とのことでした。
私が以前金融機関の担当者と会話した際には「1億前後なら更に融資できるのではないか」と言われたことを伝えると「ではその金融機関に経歴書を送ってみましょう」ということになりました。

金融機関とのやり取り

私のほうでも金融機関の担当者に電話をかけてみて事情を伝えました。
「ヨッシーさんには去年も保険に入って頂いたり協力していただいているので前向きに検討したいが、融資の部署から来た新しい担当者を紹介したい。その者が融資については審査します」との事でした。
電話口で新しい担当者の方とお話をしました。非常に物腰の柔らかい方で好印象でした。
私の所有物件のレントロールを知りたいとの事でしたので本日メールで送付します。
とりあえず門前払いといった形ではなく、今のところは前向きに検討してもらえそうな感じでした。

仮にそこからフルローンで返済期間25年、金利1.2%で借りられた場合、
年間家賃収入:600万円
年間返済額:350万円

でその他、空室や経費が多少発生してもキャッシュフローはプラスを維持できそうです。
10年後の残債は4800万円でキャッシュフローの累計は1200万円程度溜まるので差し引き3600万円になるので土地値で売却してもプラスになりそうな感じです。

他の物件からのキャッシュも色々あるのとそれほど高額な物件ではないのでこのまま買えない状況で指をくわえて時間だけ過ぎてしまうくらいなら買ってしまえば融資枠も使い切った感があるので心置きなく会社員を退職できますし、物件自体も中々立地が良いので将来的にもそこまで入居付けは苦労しないと思います。
とりあえず状況が進展したらまた記載します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました