トランクルーム高齢契約者に対する心配事

トランクルーム

概要

ここ数日のうちにトランクルーム関連で起こった出来事について記載します。

トランクルーム契約

トランクルームの内見をしたいと連絡があったので数日前に案内をしてきました。

今回内見したのは元々キャバ嬢が借りていて1月末に強制的に解約となった部屋になります。

室内を見て頂いたところ想像より広いと感じたようですぐに契約するとの事でした。

ヨッシー
ヨッシー

何の仕事されているんですか?

ネットでボードゲーム?を転売する仕事をやってます。
発送に使うダンボールを置いておくスペースを探していました。

大量にダンボールを保管する必要があるって時点で相当手広くやってるんだな~って感じました。

個人事業主かと思って契約書に勤務先を書いてもらったところ大学病院の名前を書かれていました。

ヨッシー
ヨッシー

え?勤務先って自宅じゃないんですか?

あ~実は本業は歯科医なんですよ。
副業で転売する仕事やってるんです。

歯科医でも副業するものなんだな~って思いましたが私自身もかつては会社員の傍ら副業でパソコンの販売やったり不動産投資やってたので似たようなものかなって感じました。

結構転売の仕事が当たっちゃって正直本業より全然稼げるから歯なんかもう削りたくないですよ。

こんな感じのやり取りがあって契約は滞りなく終了したのでトランクルームは満室に復帰したのですが、残念なことに昨日別の部屋で退去連絡が来てしまったので空いては埋めての繰り返しです。

高齢契約者の心配事

トランクルームの契約者で結構高齢の方が居ます。

契約開始は2011年からになるので結構長期契約になります。

今でも覚えていますが内見された際に友人と見に来られたのですが、2人からかなり指値交渉を迫られまして12500円のところを11000円にしてあげました。

普通はそこまで指値には応じないのですが、何か勢いに負けちゃったって感じでした。

そんな感じで元気な女性なのですが、賃料は3か月に1度まとめて振り込んでもらってます。

高齢ですので振り込むのも面倒でしょうし多少は柔軟性を持たせてやっています。

3か月に一度なので時々振り込むのを忘れることがあるのでその際は携帯のショートメッセージで連絡するとすぐに振り込んでくれます。

ところが2月末の振込期日を1週間近く過ぎても振り込まれずショートメッセージで連絡しても全く応答がないので変な意味で心配してしまいます。

結局先ほど電話したら無事に繋がり、賃料も振り込んでくれましたので事なきを得たのですが、何か良からぬ事があったのではないかと心配してしまいます。

その場合、事故物件になることはないのですが保管荷物をどうしようかな~って感じです。

年齢も70歳は超えているんだろうなって思って契約書を見てみたところ既に85歳でした・・・。

電話で話すとしっかりとした口調で喋るのでまだ大丈夫な気がしますがこの年になるといつ何があるかわかりません。

おそらくもう年齢的に今後も解約することはないと思うのですが、この方と契約終了する際はどういった終わり方になるのかモヤモヤしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました