所有アパート管轄の消防署から緊急連絡!

日記

概要

先週の土曜日に所有アパート管轄の消防署から連絡があったのでその内容について記載します。

内容

自宅でのんびりしていたときに電話が鳴りました。番号の末尾は0119です。
末尾が0119とか0110からの電話で良い思いをしたことがないので憂鬱になります。
この時点で消防署だというのはわかるのでアパートから火災やボヤなどが発生したのではないかと思いドキドキしながら電話に出ました。

消防署:「アパートのオーナーさんですか?」
私:「そうです」
消防署:「実は隣のアパートの屋根にタバコのポイ捨てが散乱して屋根の一部が焦げています」
消防署:「ポイ捨てされた吸い殻の位置から305号室か306号室の入居者の可能性が高いと思います」
消防署:「今回は火災扱いにしませんが、次回同じことがあった場合には火災扱いにしますので」
消防署:「隣のアパートのオーナーは話を大きくしたくないが一度話をしたいと言っているので電話してあげてください」

といった内容でした。

隣のオーナーとの内容

仕方がないので取り急ぎ隣のオーナーに電話をしました。

私:「お世話になっております。アパートオーナーのヨッシーです」

隣のオーナー:「アパートの屋根を7月に張り替えたばかりなのにタバコの吸い殻が9本くらい落ちてるんだよ」
隣のオーナー:「うちの入居者に確認したけどポイ捨てなんかしていないって言ってるんだよ」
隣のオーナー:「で、どうしてくれるんだよ?俺としては掃除してもらいたいよ」

との事でした。
私としては現地を見ていないので入居者に状況を確認したうえで現地も確認しにいきますと伝えて電話を切りました。

305、306号室の入居者へヒアリング

その後、305、306号室の入居者へ電話をして上記の状況を伝えました。
2人とも「そもそもタバコを吸いません」との事でした。
306号室は若く礼儀正しい女性ですので仮にタバコを吸ったとしてもポイ捨てするような人ではありません。
305号室は怪しいですが電話をした限りでは全く身に覚えがないように見受けられました。
したがって私のアパートの入居者がポイ捨てしたか確証は取れませんでした。
というのも隣のアパートには屋上があり、屋上で休憩をした人がタバコをしたにポイ捨てすると屋根に落ちます。
したがって隣のアパート入居者の可能性も否定できないと感じました。

現地調査

その後、現地を確認しにいきましたがタバコポイ捨ての位置的にアパート入居者の可能性が高いとは思いますが断定はできません。
一応掃除はしておいてすべて撤去しました。
IMG_5517.jpg

再度隣のオーナーとの内容

再度、隣のオーナーに状況報告を兼ねて電話をしました。

私:「ポイ捨てをしたのが自分のアパートの入居者かどうか確認取れなかったが、入居者がシラを切っている可能性も否定できないので、今後は警告文を入居者全員のポストに投函する。
それでもポイ捨てが収まらなければ該当箇所に防犯カメラの設置も検討する。オーナーとしてやるべきことは行っていきます」
と伝えました。
隣のオーナーも理解してくれたので暫く様子を見ようと思います。
仮に入居者のだれかがポイ捨てした場合でも、直接電話をしたり警告文を投函しておけば今後は収まってくれる可能性が高いと思っています。

投函した警告の内容はこのような感じです。
これで収まらないようなら防犯カメラをつけるなど別の対策を取っていきます。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
****消防署より連絡があり、アパートの隣にある「****」の屋根にタバコの吸い殻が落ちており、屋根の一部が焦げていると連絡がありました。
現時点で吸い殻を捨てた人の特定には至っておりませんが、消防署からは当アパートの入居者の誰かではないかと疑いをかけられております。
 弊社としては当アパートの入居者ではないと信じておりますが、今後あらぬ疑いをかけられないよう廊下での喫煙は極力控えて頂きたいと思います。
 また、ベランダ等で喫煙する場合においても、吸い殻のポイ捨ては火災を誘発し、大変危険ですので絶対に止めてください。
万が一、火災やボヤなどを発生させた場合は損害賠償請求されます。弊社としても吸い殻のポイ捨てを発見時には消防署・警察署に通報します。また退去して頂かざるを得なくなってしまいます。
吸い殻のポイ捨てしているところを目撃された方はお手数ですが弊社または消防署・警察署までご連絡頂けると幸いです。
 今回、注意喚起も含めて入居者様全員に投函させて頂きますが、無関係な入居者様には不快な内容となってしまい申し訳ありません。ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました