アパートの放置バイク、自転車の問題が解決しました

概要

アパートに放置されていた自転車の問題で入居者全員にビラを投函したところ、昨日の深夜に入居者の一人から連絡がありました。
「申請書が必要なことを確認しておらず、無断駐輪してしまった」との事でした。
正式に駐輪許可の申請をしたいとの事でしたので駐輪契約をすることになりました。
これで放置自転車ではなく正規に置いて良いことになるので問題は解決しました。

今回のトラブルで学んだこと

先週から放置バイクと放置自転車について色々と悩まされましたがそれなりに学ぶことも多かったです。

トラブルを発見した場合は迅速に対応すること

管理をしているとトラブルに遭遇することはありますが、トラブルに対しては下記のようなことが重要だと考えます。
重要だと思う順番に列挙します。

①トラブルを未然に防ぐ

②トラブルが発生していないか常に監視をする

③トラブルを発見した場合は迅速に対応し被害を最小限にする

④トラブルが大きくなってしまった場合はあらゆる手段を投じて収束させる

一番重要なのはトラブルを起こさないよう未然に防ぐことです。
虫歯に例えると、虫歯を起こさないよう毎日歯磨きをして虫歯を起こさないよう未然に防ぐことが一番です。
そして虫歯が発生していないか歯医者で定期健診をするのも重要だと思います。
それでも虫歯を発見した場合は初期段階で治療をすれば被害は最小限に食い止められます。
放置していて虫歯が大きくなってしまった場合は徹底的に治療するしかないです。
そうしないと総入れ歯になってしまいます。

私の場合は①の対策として入居者と契約時に「駐輪場を利用する場合は駐輪契約しないと使えません」と説明していました。
また、②の対策としてシルバーセンターの方には清掃時にこちらが用意したチェックリストに作業状況を記入して頂いております。
チェックリストの項目に「契約外の自転車が停まっていないこと」というのもあり確認してもらっていました。
それにも関らず放置自転車やバイクを防げずトラブルを発見してしまったので、今回③の対策として迅速に対応して収束させました。

なぜ防げなかったのか?

シルバーセンターの方とのコミュニケーション不足でした。
具体的には、私が駐輪許可した自転車には「駐輪許可シール」を貼って頂いているのですが、シルバーセンターの方にはそれを伝えていなかったのでどれが契約外の自転車なのか把握していませんでした。
結果として放置自転車に関してはチェックリストは機能していなかったことになります。
事前にしっかりと説明していれば防げたことなのでこちらのミスです。
また、私自身もあまり現地にいかずシルバーセンターの人に任せきりだったのも良くなかったです。

なぜ迅速な対応が必要なのか?

しっかりと管理していることを入居者にアピールすることが大事だと考えているからです。
例えば、管理会社が機能していないアパートやマンションは大体共用部分が荒れています。
私は自主管理ですが共用部分に私物を置いていたりするとすぐ注意します。
自転車自体も放置していたところで致命的な問題ではないのかもしれませんが、そういった些細なことを放置していると入居者にも管理が行き届いていないことを見抜かれます。
それがいずれ不良入居者や家賃滞納といったトラブルに発展していくと思っています。
入居者には少しウルサイ大家と思われたとしてもしっかり管理していることをアピールすることが結果的に安心感にも繋がると思っています。
ですのでルールを守らない方に対しては徹底的に対応します。
時と場合によりますが家賃遅延に対しても大きくならないうちに指摘しています。
あまり言いすぎるとギクシャクしてしまうのであまり高圧的にならないようにとは思っているのですが、今回の放置バイクのカップルに対しては相当キツく言ってしまいました。
一応フォローはしているのですが感情的に伝えてしまうのは自分の悪い癖です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました