不良入居者を退去させることにしました(その2)

概要

前回、不良入居者を退去させるべく退去通知を出したその後になります。

その後の経緯

入居者の女性から連絡がかかってきて「バイクの男性はもう二度と部屋に入れないので退去は勘弁してくれ」との事でした。
私としては以下の事を行って頂けるなら考えると伝えました。

バイクの男性の身分証明書を提出

二度とアパートに立ち入らない誓約書を提出

ところが、バイクの男性のフルネームを教えてくれと言っても教えてくれず、契約を継続することは難しいと判断しています。

先ほどバイクの男性から電話がかかってきましたが、一言も謝罪がなく「バイクが壊れちゃって~」と言い訳ばかりするどうしようもない男でした。
名前を教えてくれといっても「個人情報をなぜ教えなきゃいけないんですか?」と言った感じで埒が明きませんでした。

私も頭にきて「お前、いい加減にしろよ!」と吐き捨てて着信拒否にしました。

その後、入居者の父親と電話をして事情は全て説明しましたが、父親も事情は概ね理解して頂けて「今月末退去の方向で話を進めます。本人から電話があっても断ってくれて構わない」との事でした。

更に先ほど別の入居者からの通報によって警察からバイクを放置していると電話がかかってきました。
警察には「既に退去の方向で話を進めている」と伝えて電話を切りました。

以上の経緯からもう退去は止むなしと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました