仲介業者のあり得ない対応の数々に激怒

2棟目アパート運営

概要

先月下旬に仲介してもらった仲介業者のあり得ない対応でついに堪忍袋の緒が切れてしまった内容について記載します。

仲介業者について

某大手仲介業者(赤い業者)の副店長をされている方で中国籍の方です。

赤い業者
何度か電話で話をしまして入居者思いの人間的には良さそうな方です。

当初は中国籍なのに大手仲介業者の副店長を任されてるから優秀な方なんだろうなって感じていました。

ただお国柄なのか天然なのかわかりませんが、やることが雑というか適当で徐々にイライラが溜まっていきました。

以下、イライラした内容を順番に記載していきます。

入居者にキーボックス番号を勝手に教える

内見のためにアパート現地にキーボックスを設置して空室だった2部屋の鍵を入れておりました。

内見が終わって申込書を送ってもらった後に仲介業者の担当者からこのような連絡がありました。

赤い業者

入居者が入居開始前に部屋の寸法を測りたいとの事ですがよろしいでしょうか?

ヨッシー
ヨッシー

それは構いません。

といったやり取りがありまして、その後どうなったのか聞いてみました。

ヨッシー
ヨッシー

前に言っていた部屋の寸法を測りたいって言ってたのはどうなりましたか?

赤い業者

入居者にキーボックスの番号を教えたので都合の良い日に測りに行ってもらいます。

キーボックスから鍵を受け取ることで鍵の引き渡しとさせて頂こうと思ってます。

さすがにこれはあり得ないと思いました。

鍵の引き渡しって普通仲介業者が手渡しで行って「鍵預かり証」に署名もらうでしょ・・・。

てっきり仲介業者が同席して寸法測りに行くものかと思ってましたが契約前の入居者が勝手に入って建物を傷つけたらどうするとか考えないんですかね。

(は?何勝手に番号教えてんの?)

(キーボックスの中に他の空室部屋の鍵も入ってるんだけど)

(万が一、入居者から鍵が入ってなかったって言われたらどう責任取るの?)

と思いましたがぐっと堪えて言いませんでした。

ただこのままでは危険だったのですぐに現地へ行ってキーボックスを回収しました。

ちょっとあり得ないなってイラっとしましたが、まあ仕方ないかな?とも思いました。

オーナーの許可なく消毒業者を入れる

そんな経緯があって現地からキーボックスを回収したのですがそれが原因でトラブルがありました。

こちらは先日ブログに書きましたが仲介業者の担当者からこのような連絡がありました。

赤い業者

消臭・抗菌で室内に消毒業者が入ろうとしましたが部屋に入れません。

赤い業者

現地に設置してあったキーボックスが撤去されてました。

ヨッシー
ヨッシー

すいません。

キーボックスは既に回収しちゃいまして御社に鍵は郵送していますので間もなく届くと思います。

私としては消毒・抗菌作業をやるなんて聞いていませんし、契約開始日以前に消毒・抗菌作業で部屋に入るなら私の了解を得るべきです。
更に消毒業者にも勝手にキーボックスの番号を教えたのも気になりました。

そんなことがあったので更にイラっとしました。

鍵預かり証が古い

この入居者は鍵交換費用を負担したくなかったみたいで鍵交換は不要との事でした。

ただキーボックスに設置していた鍵をそのまま入居者に使用させるのは抵抗があったので私負担で片方だけ鍵交換を行いました。

ヨッシー
ヨッシー

私負担で片方だけ鍵交換を行いましたので「鍵預かり証」を修正しましたのでこちらに入居者に記名してもらってください。

このように仲介業者の担当者に伝えたのですが、後日仲介業者から送られてきた「鍵預かり証」は古いものでした。

これでは意味ないので入居者に「鍵預かり証」の記名はやり直してもらわないといけません。

この担当者には今までの経緯があったので相当イライラしました。

室内状況確認書に記載しない

私は新規入居者を迎え入れる際に下記のような「室内状況確認書」に入居開始時点の傷などの状況を書いてもらってます。

これがないと退去立ち合い時にモメる原因となるからです。

ヨッシー
ヨッシー

入居開始時に「室内状況確認書」に記載するよう入居者へ伝えてください。

このように仲介業者の担当者に伝えていました。

1週間前に入居者と直接お会いする機会があったのでその件について聞いてみました。

ヨッシー
ヨッシー

「室内状況確認書」に記載して頂けましたか?

 
入居者

仲介業者から書く必要はなく、傷の写真を撮っておけば良いと言われました。

ヨッシー
ヨッシー

そうですか。仲介業者に確認しますね。

本当に仲介業者の担当者がそういったのか、単なる入居者の勘違いかわかりませんが、傷の写真を撮っておけば良いと言ったのは事実でしょうから、この時点でこの担当者は何を考えてるのか?ってかなり怒り心頭でした。

あり得ない賃貸借契約書

入居者が契約を行う前に契約書の内容を確認したかったので事前に雛型を送ってもらいました。

雛型を見て私が希望していた特約が記載されていなかったり、送金先の口座が古かったりしたので業者にメールで訂正をお願いしました

ヨッシー
ヨッシー

1.特約は下記を追加願います。
・~~~~~~
・~~~~~~
・~~~~~~
・~~~~~~
・~~~~~~
・~~~~~~
・~~~~~~
・~~~~~~

2.契約書の引き落とし口座がS武信金と記載されておりますが、現在は横○銀行になります。
横○銀行 △△支店 普通 1234567
合同会社ヨッシー不動産

その後、業者から送られてきた契約書を確認したところ、

私が訂正をお願いしたメールを印刷して入居者に記名・押印して契約書の上から貼り付けてありました

私は契約書を訂正して欲しかったのですが斜め上の対応をされました。

ちなみに上記で送金先の口座を訂正したにも関わらず初期費用の入金は古い口座に行われてしまい、現時点でも私は着金確認ができていません。。。

それ以外にも保証会社との委託契約書に入居者の引き落とし口座と銀行印を押してもらうのですが、銀行印が空欄ですのでこれでは口座引き落としができずこちらもやり直しです。。。

さすがにこれらの行為をされて堪忍袋の緒が切れました。

店長にクレーム

まずはメールで上記についての不備を担当者にメールで指摘して「店長に直接電話するから内容を店長に確認してもらってください」と伝えました。

ちなみに担当者からは一切の返信はありません。

店長には電話で直接クレームを入れました。

ヨッシー
ヨッシー

かくかくしかじかであの担当者あり得ないんですけど。

賃貸借契約書類は全て作り直してください。

店長

申し訳ありません。

書類を作り直して入居者様に記名し直してもらうよう対処します。

店長は幸い電話で話した限りではちゃんとした人のように感じました。

賃貸仲介業者の仕事レベル

仲介業者は私にとって神様的存在ですが、賃貸の仲介業者って仕事のレベルとしては往々にして低いです。

8月には入居者が退去通知を仲介業者に送付したのですが担当者が自分の机に入れっぱなしで私への連絡が遅れたといったこともありました。

仲介業者抜きに賃貸運営はできないので彼らと上手く付き合っていくしかないのですが、あまりに仕事のレベルが低くてウンザリすることが多いのが正直な気持ちです。

売買は高額なお金が絡むので仲介業者のレベルもそれなりにあって特に重要事項説明ができる宅建士の場合は高いレベルなことも多いのですが、賃貸の仲介って誰でもできるのでこうした残念な担当者に当たることは往々にしてあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました