シルバー人材センターへ依頼するリスク

1棟目アパート運営

概要

今回は旅行中にシルバー人材センターの清掃者が入院してしまい清掃が滞ってしまった内容について記載します。

アパート清掃状況

「1棟目アパート」の清掃ですが週1回シルバー人材センターの方に実施して頂いています。

当初は時給1000円程度だったと記憶していますが現在は1500円に値上げしてお願いしています。

最初に委託契約した際の清掃員の年齢は70歳でしたので現在は74か75歳になっているはずです。

一度大病をして数カ月間清掃ができなかった時がありその時は別の清掃員に変更したのですが結局その清掃員はもっと稼げる仕事がしたいということで当初の清掃員が退院したタイミングで復帰してもらいました。

私の親と同世代ですので健康的な問題が色々と出てくるようです。

旅行中の清掃中止連絡

先月末の旅行時に清掃員から電話が入りました。

すいません!入院することになったので今週の清掃は休ませてください。

ヨッシー
ヨッシー

全然構いませんので大丈夫です。
ちなみに海外に居るので長時間電話できないのですいません。

といって用件だけ聞いて電話を切りました。
私の携帯の場合、海外からの通話だと確か着信したほうが課金されたはずです。

アパートの清掃については毎週行って頂いているので1週間ほど飛ばしても大して問題にはなりません。

実際帰国してからアパートを訪れた際は全然汚くありませんでした。

そんな中、清掃員からまた電話がかかってきました。

無事退院したので明日から仕事復帰します!

医者から仕事を控えるよう言われてしまいそろそろ仕事は控えようかと思い自宅から遠い現場は終了することにしました。

ただヨッシー様の現場は今後ともお世話になろうかと思いますのでよろしくお願いいたします。

ヨッシー
ヨッシー

わかりました。今後ともよろしくお願いいたします。

翌日現地のカメラを見ていたら宣言通りしっかりと清掃している様子が確認できました。

シルバー人材センター依頼リスク

この清掃員にとっては自宅から近く時給も高くやり慣れて現場は残してくれたということです。

シルバー人材センターの場合はどうしても加齢に伴う体力低下などの理由によって契約終了となるリスクや、突発的な入院による作業中止となるリスクがあります。

私のようにイザという時は自ら対応できる環境にある場合は問題ないと思いますが遠隔地などに物件を持っている方や多忙な方は厳しいと思います。

ちなみにシルバー人材センターの場合は担当者が急遽作業中止などになった場合にスポット的に別の方が対応してくれることはありません。

私としては今後も引き続き対応してくれるということで良かったのですが、更に高齢になって私の現場も終了となった場合、今後は自ら清掃することになると思います。

自ら清掃することでキャッシュも残せますし、現場の様子もチェックできますし、何より肉体労働をすることでちょっとした運動になるのではないかと思うからです。

先日もブログに書きましたがセミリタイアしてしまうとなかなか運動する機会がないので身体を動かす機会を作ることは重要かなって思ってます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました