息を吐くように嘘をつく人たち

概要

半月ほど前にもブログでトランクルームの問題を抱えている契約者について書きましたがその後も信頼関係を損ねる行為を続けてきます。

トランクルームの不良契約者への対応

こういった問題を抱えています。

身分証明書がない

滞納が度々発生

勤務先がキャバクラ

携帯が解約されている

迅速に連絡が取れない

その後の経緯

本人が新しい携帯番号を教えてこないので現在携帯を所持していないのか教えたくないのかわかりません。
従って現在はメールでしか連絡が取れません。

迅速に連絡が取れないと困る旨を伝えて「親族の緊急連絡先を教えてください」と言ったところ「そうですよね。すみません、わかりました。お母さんの電話番号でよろしくお願いします。」と番号を教えてもらいました。

5月26日

本人から「6月分の賃料を明日必ず支払います」とメールがありましたが27日なっても入金はありませんでした。

本人から「すぐ役所へ行って保険証を作る対応をする」とメールがありましたが現時点でも保険証は作っていません。

5月31日

本人から「本日振り込んだのでご確認お願いします」とメールがありましたが入金確認できませんでした。

6月2日

本人から「本日振り込みました」とメールがありましたが入金確認できませんでした。

私のほうから「入金確認できませんでした」と伝えても返答もありませんでした。

なぜすぐにわかる嘘をつくのでしょうか・・・

6月5日

仕方がないので契約者のお母様に電話をしたところ「荷物を処分して頂けませんか?」と頼まれました。

そういったサービスはしていないのでお断りしたうえで「荷物は本人が引き取りに頂くか自宅に配送します」と伝えました。

しばらくしたら本人からメールが来て「迷惑かけて申し訳ないのですがお母さんへ連絡するのはどうか止めてください」と連絡がありました。
滞納とか迷惑行為をする人って自分がやっていることを棚に上げて自己主張ばかりするんですよね・・・。

「緊急事態なのでお母様に連絡しました。今後も滞納を続けたり連絡が取れない場合はお母様に連絡します」と伝えました。

本人からは「6月8日と9日に合計2か月分支払います。保険証と携帯も今月中に対応します」と連絡がありました。
おそらく金銭的に相当逼迫しているようです。

私からはまだ信頼していることを匂わせたうえで「これ以上信頼関係を損なう行為は止めてください」と伝えておきました。
高圧的に脅して払わせるよりあくまで入居者が自主的に払うよう意識を変える必要があります。

キャバクラ嬢ってお金持ちのイメージがあるのですがピンキリなのでしょうか。

6月6日

ちなみにブログを書いている最中に本人からメールが来ましたが「やっぱり8日は5000円しか振り込めません」とのことでした・・・

息を吐くように嘘をつく人は沢山居る

今までも滞納者など数々と接していましたが、こういった人はその場を乗り切るために息を吐くように嘘をつきます

従って8日と9日に支払える根拠があるかどうかすら怪しいです。
おそらく払ってもらえる確率は50%といったところでしょうか。

最終的には強制的に解約になってしまうのではと感じています。


コメント

タイトルとURLをコピーしました