トランクルーム強制解約が解決しました

概要

私のほうからトランクルームの契約を解除すると通告した契約者の件ですが無事に退去が完了しました。

詳細

解除の原因などは前回のブログを見て頂けたらと思います。

トランクルーム強制解約の件

「7月31日中に必ず荷物の移動先のトランクルームを探すように」
とキツく警告したところ31日中に荷物を撤去されたようです。預けていた鍵も返却されてきました。
通常トランクルームを契約する際は内見⇒契約締結⇒初期費用入金⇒鍵の引き渡しといった流れが必要ですので1日で荷物を移動することは不可能なはずです。
私もそれはわかっていましたから移動先のトランクルームの目途がついたなら実際に移動可能となるまでは荷物を置かせてあげようと思っていました。
ですので1日で荷物の撤去まで終わったことに驚きました。
移動先のトランクルーム業者にかなり無理を言って移動したのかもしれません。
1年前に私がその契約者と契約をした時もかなり切羽詰まった状況でしたので前の大家さんに追い出されたのかもしれません。
その時は夜中の4時くらいに電話がかかってきて「すぐに荷物を入れたい」というのでその日の夜に現地で待ち合わせをしたら既に車に荷物がある状態で内見しにきました。
正直夜逃げかなにかなのかな?と疑ったのですが人の良さそうな方だったのでその場で契約書に記入してもらって荷物の搬入をしてもらいました。
おそらく新たなトランクルーム業者に対しても同じようなやり取りを繰り返したのかもしれません。
その際のやり取りは下記に記載しています。

トランクルームの契約を行いました

私自身でも彼の荷物の搬入を手伝ったりしたのですがすぐに家賃の滞納が繰り返されたのでガッカリしました。
次のトランクルーム業者に対しては滞納せずに義務は果たしてもらいたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました