大家刺され死亡、24歳女を殺人未遂容疑で逮捕

不動産ニュース

記事概要

「TBS NEWSi」より

東京・練馬区の住宅で69歳の大家の男性が包丁で刺され死亡。

警視庁は部屋を間借りしていた24歳の女を逮捕。

逮捕されたのは職業不詳の加藤未香容疑者(24)で、7日、練馬区谷原の住宅で大家さん(69)の腹を包丁で刺し、殺害しようとした疑い。

大家さんは病院に運ばれましたが、まもなく死亡。

加藤容疑者は大家さんが所有する住宅の部屋を間借りしていて、大家さん夫婦が家賃回収のために加藤容疑者の部屋を訪れたところ、大家さんの腹を刺した。

大家さんの妻(65)も頭にけがをした。

2016_1011_014044AA.jpg

記事を読んでの感想

練馬区の大家さんといえば私と全く同じなので他人事ではありませんでした。
昔ながらの大家さんですと入居者から直接手渡しで家賃を受け取ったり督促も直接行うんでしょうね。
それのほうがコミュニケーションも育まれるので良いと思いますが、最近は何が起こってもおかしくないのでお金に関わる督促などはなるべく管理会社を通したほうが良いでしょうね。
(私は直接やりますが)

私の督促について

毎月40人くらいの入金を確認しているわけですから数人は遅れます。
遅れた人にはひたすらメールで督促します。応答がなければ携帯メールや電話などもしますが直接会って督促しにいったのはあまりありません。
理由は単に忙しいのと面倒だからです。
仮に直接会って督促する場合でも高圧的な態度では今回のような事件に巻き込まれかねないのであくまで低姿勢で臨むべきでしょうね。
ちなみに10月分の入金確認はまだしていません。うちの入居者は月初1週間くらいでポロポロ入金してくる方が多いので、悪質な滞納か否かが判別できるのがこのくらいの時期になってからになります。
とりあえず明日にでも確認してみて入っていない方が居たら刺されない程度にしっかりと督促をかけようと思ってます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました