無職でも部屋を借りられる方法とは?

日記

概要

従兄弟から賃貸物件を借りたい相談を受けました。

今回は無職でも部屋を借りられる方法について記載します。

親戚から連絡

先日親戚(従兄弟)から連絡がありました。

従兄弟は神戸に家族4人で住んでいてコンプレッサーのメンテナンスの仕事をしてます。

 
従兄弟

ヨッシーって多摩地区に物件持ってなかったっけ?

ヨッシー
ヨッシー

小金井にあるよ。

 

小金井かあ。。。

ヨッシー
ヨッシー

何かあったの?

 

いや、東京に引っ越そうと思ってヨッシーの物件借りるのはどうかな?って思って。

ヨッシー
ヨッシー

そもそも単身用物件だから家族で住むの無理だよ。

 

そっかあ。
実は東京に転職しようと思っていて、とりあえず東京に物件を借りてそこで転職活動しようかなって思ってるんだよね。

ヨッシー
ヨッシー

そうなんだ。
無職の状態だと部屋借りるの厳しいよ。

 

そうなんだよね。
ヨッシーって会社の社長だよね。
なのでそこの会社に勤めているってことにして住宅借りるのはどうかな?って思って。

ヨッシー
ヨッシー

なるほどね。
多分それやると貸主を騙すことになるから犯罪になっちゃうので難しいかな。

ヨッシー
ヨッシー

それより今の職場を辞める前に何かうまい理由を探して都内に転居先を探すのがいいんじゃないかな?
転居後に今の職場を辞めてもそれは騙したってことにはならないので。

ヨッシー
ヨッシー

あとは正直に話して借りられるところを探したほうがいいと思う。

といった感じのやり取りがありました。

都内に引っ越したい理由は都内に住んでる親(私の伯母)の面倒を見たいというのと現職で働き続けるつもりはないみたいでした。

無職が部屋を借りられない理由

上記のように地方で普通に働いていても東京に引っ越して転職先を探す場合は一時的に無職になります。

その場合は極めて部屋を借りづらい世の中です。

理由は貸す側の気持ちになれば当然なんですが無職だと家賃を払い続けられるのか?転職先が見つからなかった場合どうするのか?などリスクがあるからです。

背景にあるのが悪しき法律「借地借家法」だと思います。

この法律によって貸主は一旦部屋を貸したら多少の滞納があろうとも借主を追い出すことはできません。

そうなると貸主としてはリスクヘッジを当然しますのでそもそもリスクがある入居希望者に対して部屋を貸そうとしません。

そもそも飲食店で食い逃げをした場合、悪意があろうがなかろうが警察に通報されて逮捕されますが、賃貸住宅の場合、借主がいくら滞納しようが警察は民事不介入なので訴訟を起こさない限り追い出すことはできません。

訴訟で勝訴になったとしても訴訟費用などを借主に請求するのも事実上は難しいでしょう。

無職が部屋を借りるには?

愚痴をいっても始まらないので無職でも一応借りる方法はあります。

UR賃貸住宅を借りる

UR賃貸住宅を借りる場合は原則は定職についていることが条件となりますが例外的に無職でも借りることができます。

下記のいずれかを満たしていれば無職でも借りられるみたいです。

家賃の100倍の資産があること

家賃を1年間前払いすること

不動産仲介業者へ相談

賃貸物件の場合、貸す貸さないの判断は貸主次第なので事情を正直に話して無職でも貸主がOKと言えば当然部屋は借りられます。

この場合は貸主が納得できる理由をちゃんと説明する必要がありますね。

従兄弟の場合はずっと正社員として働いてきたので都内に出てきてもすぐ転職先を見つけるでしょうからあくまで一時的であることをアピールすべきだと思います。

一応私は小金井エリアの仲介業者とパイプがかなりあるので「部屋探しの際は協力するよ」と伝えておきました。

連帯保証人を立てる

契約者が無職でも連帯保証人が定職に就いていればそれだけで貸してくれる場合は普通にあります。

従兄弟の場合は母親はもう高齢なので連帯保証人になるのは難しいでしょう。

一般的に連帯保証人は二親等以内らしいので従兄弟の周りで連帯保証人になってくれる人は居ないと思います。

私は従兄弟にとって四親等なので連帯保証人になれるかわかりませんが最悪保証人になってくれと言われたらなってもいいかな?って思ってます。

借金の連帯保証人は絶対なりませんが賃貸物件の連帯保証人なら大したリスクはないでしょうし。

不人気物件・閑散期に申し込む

都心駅近築浅物件なら放っといても入居希望者は集まりますから貸主側も敢えて無職の人に貸すことはないでしょうが、その逆の物件なら貸主も空室に悩んでいるケースも多く言い方が悪いですが誰でも入居OKという場合もあります。

ですので多少不人気の物件を探したほうが部屋が見つかる可能性は高いと思います。

従兄弟の場合は多摩地区でもかなり郊外な場所を希望しているのでちょっと探せばすぐ部屋は見つかる気がします。

同様に繁忙期は貸主も強気ですが閑散期はその逆になるので借りやすいかもしれません。

預貯金審査をしてもらう

自身の預貯金を審査してもらって借主として問題ないことをアピールすることもできます。

融資においては当然行うやつですがカボチャやTATERUの件で改ざんなどが横行したので賃貸においても残高証明書の発行や原本確認などが必要かもしれません。

まとめ

というわけで従兄弟から賃貸物件を借りたい相談を受けました。

従兄弟は八方塞がりだと感じたのか、法に触れるような提案をしてきましたけど、地方から東京に引っ越して転職したい人は沢山いるでしょうから色々知恵を絞れば無職でも借りる部屋は見つけられると思ってます。

よろしければ最後に応援クリックのご協力をお願いします
日記
スポンサーリンク
ヨッシーをフォローする
不動産賃貸業と主夫で経済的自由を獲得

コメント

タイトルとURLをコピーしました