2018年の目標を設定

日記

概要

年始なので2018年の目標を設定してみました。

2017_0110_075356AA.jpg

目標内容

2棟目アパートの建築・運営を軌道に乗せる

今年はほとんど2棟目アパートを繁忙期内に竣工まで持っていって速やかに満室へ持っていき高稼働率を維持する活動に尽きると思っています。

具体的には連休明け頃から周辺の不動産業者への営業活動を本格化して関係を築いていきます。
3月末までには16部屋のうち、8割方の部屋で賃貸借契約を結ぶようはたらきかけていきます。
竣工後は自主管理を行い経費削減に努めます。
今年夏頃には建物部分の消費税還付を受けられるよう色々と行動を起こします。
最終的に今年の平均稼働率は最初が全空なのを考慮して90%程度までもっていければOKとします。

不動産専業大家としての基盤を作る

不動産賃貸業を専業で行っていく際に、妻の収入はあてにせず私のみの収入で資産を減らさないで生活していけば一生会社勤めをする必要はなくなります。
それが経済的自由を獲得できたと言えると思います。
特に子供が居ない状況ではそれほどお金はかからないので今年は資産を1000万円増やすことを目標にします。
具体的には上記2棟目アパートをうまく軌道に乗せるのと既存物件の維持ができればおそらく達成できるのではと思っています。
今年の年末時に資産が増えなかった場合はSEとしてフリーランスなどの形式で現場に復帰することも考えます。

家庭の基盤を作る

主夫として家庭に以下のような形で貢献していきたいです。

家事(リビング掃除、風呂掃除、トイレ掃除、布団干し、洗濯、食器洗い、ゴミ出し)の殆どを担う

妻の送り迎え

仕事の愚痴を聞く

料理(勉強してみる。料理教室に通う)

※子供が欲しいという思いもありますが授かりものですので目標にはしません。

節約

個人的には過度な節約してストレス溜めるよりは収入を増やすほうへ目を向ける思考です。

ただ具体的な目標は書きませんが会社員を辞めることでコンビニ通いを大幅に減らすことができますし、昼食も1000円近く費やしていたものがなくなります。
旅行へ行くにも安い時期を狙っていけますし、不動産関連でも今までは登記などを司法書士に依頼していたものを自分でできたりしますので、アウトソーシングしていたものを極力自分でやるなどして色々と費用を削っていきたいです。

携帯も節約しようと年末にキャリアから格安スマホに変えました。通信費は9000円から3000円に下がりました。
(格安スマホに変えたことで費用は抑えられましたが私の部屋に電波がほとんど入らず困っているので安易に変えるのは危険です)

DINKSだったので外食中心で自炊はあまりしませんでしたが今後は私が料理を作ったりもして節約に努めていけたらと思っています。

健康管理

年始の体重は75キロですが今後も節制を続けて年末時には71キロにすることを目標にします。
私の身長(179センチ)の平均体重は71キロ程度だからです。多少ぽっちゃりのほうが長生きするともいいますので過度な減量はしません。
週1~2回の水泳とランニングは継続してやっていこうと思っているので今年は3~4回はマラソン大会に出ようかと思っています。

あと去年腰痛になってしまいまだ治っていないので定期的に整体に通っているのですが今年中には治したいです。

男性の平均寿命は80歳程度ですが私が老人になった時点では医療の発達等によって今より平均寿命は延びているでしょうし富裕層ほど長寿というデータもあります。
富裕層ほど自己管理や節制に力を入れてジャンクフードを避け良い食事を取り適切な医療を受けることで平均寿命より長寿になる傾向があるそうです。

私は喫煙飲酒はせず健康には気を付けているのと今後はストレスフルな環境から解放されるので平均よりは長生きできる気がします。
冗談抜きで100歳まで生きるつもりでおり私の祖父は来月100歳の誕生日を迎えます。
したがってあと60年くらいは生きるつもりで人生設計をしていこうと思っています。

その他

会社員を辞めたので今は時間に相当余裕がある状態です。
年間を通じて取り組む趣味とかスキルアップすることなどを何らかしら見つけたいと思います。

旅行が好きなので海外には何回か行きたいと思っているのですが私の場合そもそも英会話が全くできません。
従って今後のことを考えると多少の日常会話ができるよう英会話の勉強をすることも考えています。

あとは秋の宅建の学習をするのも良いかもしれません。

元々無趣味なほうなので一生継続できるような趣味とかスポーツとか見つかれば良いのですが。
とりあえず時間はあるので色々と模索していきます。

よろしければ最後に応援クリックのご協力をお願いします
日記
スポンサーリンク
ヨッシーをフォローする
不動産賃貸業と主夫で経済的自由を獲得

コメント

タイトルとURLをコピーしました