消費税還付に伴って金融機関から怪しまれた話

法人経営

概要

消費税還付を受けるために色々と多額の金額操作が必要となりますがそれが原因で金融機関に怪しまれてしまいました。
businessman_question.png

信金からの連絡

1年ちょっと前に信金から1.6億の融資を受けてアパートを建てました。
物件自体は諸費用込で2.1億くらいかかっているので5000万円くらいは自己資金を出してます。

融資は新設法人で受けており不動産賃貸業以外での事業はしてないです。

融資条件などは下記に記載しています。
金融機関から融資の本承認が出ました!

その信金の担当者から先日電話がありました。

担当者:「確認させて頂きたいのですが役員から1億以上借りているようですが何か他の事業をされているのですか?」

ヨッシー:「いや、してないです。5000万はアパート建設の自己資金として借入してます」

ヨッシー:「あとの5000万は消費税還付を受けるために地金の購入費用で借入してます」

担当者の方は消費税還付の仕組みを把握してないようなので課税売上を出すために地金を購入したと説明したのですがおそらく本質はわかってないと思います。

ヨッシー:「地金は既に売却したので役員(私)に返金してます」

このようなやりとりをして一応理解はしてもらいました。
信金の立場からすると想定外の事業をされて赤字を家賃から補填するようなことになったり、アパート用として貸付した金銭が他のことに使われたりといったことを気にされると思うのですがそういうことはないということは伝えたつもりです。

ところがそれから数週間ほどしたらまた担当者から電話がかかってきました。

担当者:「先日の件ですが昨今の情勢もあって上の者が気にしておりまして、ちゃんと役員に返金したという記録と地金の購入と売却した書類を提出してもらえますか?」

このようなことを言われてしまい信金から色々と疑われてしまいました・・・。
お金を貸す側からしても意味不明な理由で役員から1億以上借りていて地金の売買をしていたら誰だって不審がると思います。
消費税還付の仕組みって意外と金融機関も知らないみたいでそういう意味では怪しまれる原因にはなると思います。
そのあたりが消費税還付のデメリットとしてあるかもしれません。

とりあえず上記のエビデンスを送ったのが10日くらい前なのですが先週末にまた担当者から連絡が来ました。
まだ怪しんでいるのか・・・。と思いましたが今度は別の理由でした。

担当者:「弊庫の決算期が近付いておりまして大変申し訳ないのですが310万円ほど弊庫の口座へ入金して頂けないでしょうか?」

全然意味がわからなかったので色々聞いたのですが結局よくわかりませんでした。

担当者:「入金することでヨッシー様の枠が広がって次の融資を行いやすくなるので・・・」とか言ってました。

金融機関と仲介業者は私にとって神様みたいなものですからやってくれと言われたらやるしかないですのですぐに振り込みました。

担当者:「いつもお願いばかりで申し訳ありません。なんでも結構ですので、ご相談ありましたらすぐにご対応させていただきます」

と連絡があったのでとりあえず信金からの疑惑は晴れたのかもしれません。


コメント

タイトルとURLをコピーしました