法人の決算内容確定 収支公開

法人経営

概要

2つ所持している法人が共に3月末決算のため前期の決算内容が確定しました。
zei_kakuteishinkoku.png

法人1

こちらについては前期より若干売上・利益額共に下がりました。

当期税額計算結果

売上:約1538万円
経常利益:約643万円
法人税等(税金):約143万円
当期純利益:約500万円

※前期税額計算結果

売上:約1620万円
経常利益:約720万円
法人税等(税金):約160万円
前期純利益:約560万円

売上は1棟目アパートが全てです。
元々満室想定でも年間賃料は1550万円程度ですのでほぼ満室はキープしています。
前期の売上が高いのは一斉に更新時期が来て更新料が入ったからです。

今期の経費として支払利息(金利分)があるのですが、元利金等返済ですと返済額は変わらないのですが金利負担額が年々減り元本返済額が増えていきます。
したがって経費として落とせる金額が減っていきます
また建物付属設備については定率法で申請しているのでこちらも年数と共に償却額が減っていきます。

従って同じ売上を上げていても年々経常利益が増えてしまい支払う税金も上がっていきます
一応今期は後半から社宅契約にしたりして経費を増やしたのですが微々たるものでした。
それ以外の節税はしてないので相変わらず税金をかなり払うことになりました。

既に予定納税で80万円ほど払っているので残り60万円強を今月末までに支払う必要があります。
ちなみにまだ税務署には提出していません。

今回法人1の会計処理、法人税申告書類の作成は全て自分で行いました。
そのあたりの経緯はまた別途記載します。

法人2

こちらについては今回が第一期です。
2棟目アパートは3月15日に稼動したのですが3月中はフリーレントにしていたので礼金と退去時清掃費用くらいしか売上がありません。
税理士に消費税還付を含めた決算申告を行って頂いています。
来年からは自分で申告する予定です。

当期税額計算結果

経常利益:約 -525万円
法人税等(税金):52500円
当期純利益:約 -530万円

売上がほぼないため当然赤字ですが法人税の均等割りだけ支払う必要があります。
こちらも今月末までに支払う必要があります。

法人2の来期の経常利益は法人1と同じくらいは出ると思いますが、欠損金があるのでおそらく法人税の均等割りくらいで収まると思います。

法人1も2も今のところ順調ですのでおそらく1年後の経常利益は2つで1300万円くらいは出る気がします。


コメント

タイトルとURLをコピーしました