平成30年の公示価格が発表されました

日記

概要

平成30年の公示価格が発表されましたので私が所有している土地の価格を調べてみました。

公示地価とは?

国土交通省が全国に定めた地点(標準地といいます)を対象に、毎年1月1日時点の価格を公示するものです。
価格は2人以上の不動産鑑定士が鑑定評価を行い、その結果を土地鑑定委員会が審査・調整して、最終的な正常価格として公示される仕組みです。
路線価とは異なり自分が所有している土地に対して価格表示されるわけではないので所有地から一番近い標準地を見て参考にする程度になります。

2017_0323_005856AA.jpg

調査した結果

私が所有している2つのアパート所有地から一番近い標準地の価格推移は下記の通りでした。

1棟目アパート土地

平成25年:335000円
平成26年:341000円
平成27年:346000円
平成28年:351000円
平成29年:358000円
平成30年:369000円 ←New

約3%程度の上昇でした。

2棟目アパート土地

平成29年:337000円
平成30年:342000円 ←New

約1.5%程度の上昇でした。

従ってどちらの土地もここ数年一貫して上昇しています。
今回の発表では全国的に上昇しているとのことですが都内でもほとんどの地域で上昇しているようです。
アパートを購入する際に一応土地は価値が下がらないことを前提にしているので極端に下がってしまうと売却時の利益が減ってしまうので上昇自体は好ましいことではあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました