退職後の健康保険加入手続きを行いました

サラリーマンリタイア

概要

先日国民健康保険加入か社会保険を継続するか記載しましたがとりあえずは社会保険を継続する手続きを行いました。

手続き内容

先日のブログで社会保険を継続する場合と国民健康保険に新規加入する場合のシミュレーションを行いました。

20180109.jpg

その結果、社会保険を継続するほうがお得だったので退職した会社へ連絡して社会保険を継続する手続きをするよう頼みました。

そのうえでとりあえず3か月分の社会保険料(11万円強)を支払ってきました。
これで数日したら新しい保険証が送られてくるはずですので病院などに通えます。

私の場合は腰痛があり保険適用で治療を受けているのですが現在保険未加入状態ですので通えずに困っています。

資産管理法人から役員報酬を得て法人の社会保険に加入する方法

ブログを見て頂いた方から「不動産管理法人から低額の報酬を得て社会保険の適用事業所になった方が良いのではないでしょうか。」とご指摘を頂きました。

現状は役員報酬を得ておらず報酬を得るためには決算期に報酬額を変更する必要があるので現在は使えませんが税理士に上記のことを相談してみました。

その結果「確かにそのほうがいいですね。決算期が終わった際にはその手続きを行いましょう」と言われました。

ヨッシー「役員報酬はどのくらい得ればよいのですか?」

税理士「一応8万数千円払う必要があるのですが、払えない場合は5万円程度で構いません」

ヨッシー「その場合の月の保険料はどのくらい払う必要があるのですか?」

税理士「おそらく3万円程度です。法人と個人で折半で法人が払った分は経費にできます。詳しくは年金事務所で確認してください。」

確かにこれなら個人が社会保険を継続するより安く済みそうです。
ただ個人の所得を落とした場合と比較するとどちらが良いのかは微妙なところです。

とりあえず1~3月は個人で社会保険を継続して4月~12月は資産管理法人の社会保険に加入することにします。
来年以降は状況を見て判断しようかなと考えております。

ご指摘頂いた方に御礼申し上げます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました