ふるさと納税の検討

概要

年末ということでふるさと納税の検討をしています。
元々節税に対して考えるのが面倒なこともあり検討したことがなかったのですが妻がやってみたいと言っていたのでそれだったらということで私のほうで色々と調べています。

ふるさと納税の仕組み

本来、所得額に応じて所得税と住民税を居住地管轄の税務署とと県税事務所に納付しますが、地方自治体に対して「寄付」することで寄付金から2000円を引いた相当分が所得税と住民税の支払いから控除されます。

従って実質2000円の追加負担だけで地方自治体に寄付ができるので地方を応援しましょうという趣旨のものです。

寄付を受けた地方自治体からは寄付金に応じて様々な御礼の品をもらうことができます。

ふるさと納税では寄付金に応じて受け取った御礼相当分を返礼率といった言葉で表現されます。
例えば10000円を寄付して5000円相当の品物を受け取れると返礼率は50%といった具合です。

去年までは寄付金に対して返礼率100%近いものなどが続出していたそうですが、それですと返礼品を目的に寄付をすることが問題となり今年からは返礼率を30%程度に抑えるよう総務省からお達しがあったそうです。

とはいえ今でも探せば返礼率が高い自治体は結構あります。

ふるさと納税の手順

まずは自分の今年の所得額を予想する必要があります。
サラリーマンの方々は毎年の所得に大きな変動がないので去年の所得=今年の所得とみて良いと思いますが、不動産をやられている方は物件取得状況などで毎年所得額は変わるので注意が必要です。

ふるさと納税を取り扱ったサイトでは給与収入額などを入れれば大体の寄付可能な金額の上限を計算してくれます。
サラリーマンと不動産のハイブリッドの人向けとなるとある程度計算が難しいのですが私の場合は今年退職して給与収入が結構下がったりしたのを考慮しておそらく14万円くらいまで寄付できるとわかりました。
計算に心配な人は寄付可能な金額より実際は少なく寄付をすれば寄付し過ぎを防げます。

ふるさと納税のサイト(どこでもよい)を開くと様々な自治体のページが表示されて返礼品の内容などが表示されます。

私の場合は現在8万円くらい寄付をしてこれだけの返礼品が届くことになっています(食べ物ばかりですが)。
・お米30キロ
・国産和牛2キロ
・ウナギ5尾
・いくら
・米沢牛切り落とし
・ズワイガニ
・ウニ

これらが実質2000円の負担で貰えてしまうのでやるかやらないかと言われたらやったほうがいいと思います。
クレジットカードでの寄付もほとんどの自治体で受け付けており31日までに決済すればよいので検討中の人もまだ間に合います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました