2つ目の法人を設立しました

概要

先週末に法人を設立してきたのでその内容について記載します。

設立までの経緯

元々2棟目の土地を購入する際に金融機関からは既設法人でも新設法人でも融資を出すと言ってくれていました。
従って新設法人を立てる場合のメリットなどを検討してきました。

法人を新設するメリット

とりあえず私にとってのメリットはこのような感じでした。

・消費税還付を受けることができる
・法人税率を低くすることができる

同一法人で買い進めていくほうが実績も詰めるので法人としての社会的信用も得ることができて、3棟目以降も買うチャンスがあるかもしれないですし、節税目的で法人を複数立てる行為が税務署からの不審がられる可能性があるなどがデメリットですが、この先物件を買うかどうか不透明ですし、複数法人を立てる必要があった理由を明確にしておく必要があると思っています。
おそらく今回建てるアパートを含め2棟をうまく回していけたらそれだけで十分な収入を得ることができます。
従ってこの2棟から得られる利益を最大化するためには法人をわけるべきと判断しました。

一方、金融機関から「新設法人を立てた場合の土地の融資は法人設立後3週間はかかる」と言われてしまいました。
今回のプロジェクトでは一刻も早く土地の引渡しをうけて建物解体して滅失登記申請と建築確認申請を取りたい事情がありました。
逆算すると法人を立てるのは1日でも早いほうが良いという結論に至ったのが木曜日だったのですが、次の金曜日にはもう法務局へ必要書類を準備して法人設立申請を行いました。

設立法人について

今回も合同会社にしました。
代表社員は私一人で資本金は100万円にしました。
今回の法人では融資不足分に対してある程度自己資金を使ってやりくりしないといけないのである程度資本金を入れたかったのですが、
資本金を多く入れてしまうと法人設立時の登録免許税が6万円で収まらなくなったり、資本金が1000万円を超えると法人住民税の均等割りが7万円から18万円に増えてしまったりします。
従って資本金は低めにして、不足分の現金は私個人から借り入れという形を取る予定です。

設立までの流れ

前回法人を作ったところと同じ行政書士に木曜日に依頼しようとしたのですが、翌日の金曜日に設立は難しいと言われてしまいました。
それでしたら全て自分でやってしまおうと思い、以下のサイトを利用しました。

ひとりでできるもん

法人名は何でも良かったので私が前に勤めていた会社名にしました。
(※ちなみにその会社名は今は存在しません)

法人作成に絶対必要なのが下記となっています。
・法人の代表印
・個人の実印
・個人の印鑑証明
・資本金を個人口座へ振り込んだエビデンス
・電子定款(CD-ROMに焼く必要がある)
・登録免許税6万の印紙

上記サイトでは電子定款までをすぐに作ってくれます。
サイト上で必要事項を入力して電子定款作成依頼をしたら1時間くらいで作ってくれました。
利用料金は5000円くらいだったと思います。

法人の代表印は木曜の夕方にネットで発注して金曜の朝には受け取りました。
(3000円くらい)

登録免許税が6万円ですのでトータル68000円くらいで法人ができます。

金曜の午前中には法務局へ行ってきて必要な申請書類などを提出して特段問題なく申請完了しました。
問題なければ21日の午後には登記が完了して法人の印鑑証明書や全部事項証明書などを取得できます。

今回は時間がなかったので自分で全部やりましたが、業者に依頼しても手数料1~2万円程度でやってくれるので急ぎでなければ業者に依頼するほうが良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました