結婚しました

結婚関連

報告

私事ですが本日結婚しました。

本日は大安なのと付き合い始めてちょうど一年だったので6月1日に入籍することにしました。
結婚したからといって普段の生活が何か変わるわけではないのですが独身の場合に比べて少しは融資を受ける際に有利になるのでしょうか。
婚姻届はどこの自治体でも24時間受け付けてくれるようなので本日早朝に地元の市役所へ行って婚姻届を提出してきました。
早朝にしたのは万が一、書類などに不備があっても対応できるからです。

市役所に撮影スポットがあったので記念に撮ってきました。
こういったことを行政がやってくれるのは嬉しいです。2017_0602_001344AA.jpg

本籍地の設定

結婚をする場合、それまで実家の戸籍に入っていた人は実家の戸籍を外れて新たに夫婦で戸籍を作ることになります。
従って本籍地を決めないといけないのですが結局今日の朝に決めました。

本籍地は住所がある場所ならどこでも良いです。
下記で決める人が多いらしいです。

実家の住所

 ⇒彼女の実家が関東でないので書類とか取りにいくのに手間がかかりそうなので却下しました。

現在住んでいる住所

 ⇒賃貸マンションですし今後も引越しは頻繁に行うでしょうから却下しました。

観光スポットなど

 ⇒結局初めて会ったときに出掛けた浜離宮の住所にしました。
  皇居・富士山・ディズニーランドとかの住所が人気らしいです。

結婚後の不動産活動について

彼女は私の不動産活動について理解があるほうなのでいわゆる嫁ブロックといったものは多分ないと思います。
また、結婚するにあたって「不動産に関する活動を反対しないで欲しい」旨をお願いして了承してもらっています。
嫁ブロックが発生する原因は、コミュニケーション不足だと思います。
嫁の立場からすると旦那のよくわからない活動に対して何億も借金するとなると心配になりますし反対するのも理解できます。
従ってそうならないように不動産活動のメリットやリスクなどを普段から説明していればそんなに反対されることはないと思っています。
私の場合は彼女にこのブログの存在も話しているのと普段から不動産に関することは話をしています。
また、結婚したからといって彼女に不動産購入時の保証人になってもらうつもりもありません。
あくまで私個人で責任の負える範囲内でのみ活動をしていきたいので、万が一のことがあっても家族に被害が及ばないようにしたいと思っています。

よろしければ最後に応援クリックのご協力をお願いします
結婚関連
スポンサーリンク
シェアする
ヨッシーをフォローする
不動産賃貸業と主夫で経済的自由を獲得

コメント

タイトルとURLをコピーしました