法人の本店移転を行いました

法人経営

6月に合同会社を設立したばかりですが、
早速本店を移転することになってしまいました・・・。

理由は当時賃貸で借りていた住宅を
法人の本店所在地として登記してしまったからです。

一般的に住居として借りている賃貸住宅に登記をすることはNGです。
(実際はほとんどバレませんが・・・)

NGの理由は様々ですが、
代表的なものとして下記が挙げられます。
・法人登記することによって不特定多数の人間(お客さんなど)が出入りする可能性がある
・そもそも管理規約で事務所登記がNGとなっている
・法人登記していることを貸主が認識した時点で居住用ではなく事務所契約の必要が生じる
(事務所契約の場合は消費税を支払う義務が生じる)

私の場合は登記後に自ら管理会社へ報告したところ、
契約違反と言われたため、引越しを余儀なくされました。
変更後の本店所在地は既に私が所有している物件にしました。

今回は管轄外の移転(A法務局からB法務局への移転)のため
下記登記費用がかかってしまいます。

・A法務局からの転出:3万円
・B法務局への転入:3万円
・代表社員の住所変更:1万円

その他に司法書士へ依頼した場合には相当の手数料がかかるので、
今回は自分で変更登記の申請を行いました。
ただ、素人による申請のため、書類の不備が多々あり、
結構時間がかかりましたが無事に移転が終了しました。

その他、青色申告申請をしている税務署等の管轄も変わりますので
届け出を行う必要があります。

5858.jpg

登記すべき住所は最初にしっかりと検討しておくべきだったと痛感している次第です。


よろしければ最後に応援クリックのご協力をお願いします
法人経営
スポンサーリンク
シェアする
ヨッシーをフォローする
不動産賃貸業と主夫で経済的自由を獲得

コメント

タイトルとURLをコピーしました