法人化に関する私の考え方

法人化についてコメントを頂いたので私が法人化をした経緯を記載します。

法人化に関して私の考えですが、法人を設立してしまうと赤字でも毎年税金を支払う必要があることや法人を清算する際にも費用や労力がかかるのである程度個人の所得が多い方で長期的に賃貸経営したい人にメリットがあると思っています。

私の場合は1棟目のアパートを法人で融資を受けた動機はこのような感じです。
・個人の所得が現状以上に増えてしまうと税金負担が重かった
・近い将来サラリーマンをリタイアしたいと思っているので社会的信用を得たかった
・個人で購入した場合、仮に短期で売却したいと思った場合の譲渡所得税がネック
・個人で融資を受けて購入すると年収の○○倍といった融資の壁がある
・消費税還付を受けたかった

金融機関の審査はあくまで個人の属性を見て融資して頂いています。
実際に融資を受ける際に「節税のため法人化したいので法人で融資を受けたい」と伝えて了承してもらいました。
その代わり私個人が法人の連帯保証人になっています。
ですので金融機関にとっては個人に融資をするのとリスク的には変わらない状態です。
一般的に法人化をした場合の法人は有限責任であり、法人が倒産した場合の責任が個人の財産にまで及ぶことはありません。
ただ、それですと金融機関にとっては実績がない法人に対して数億の融資をすることはリスクでしかないので実績の無い法人が融資を受けるには個人が連帯保証人になることは避けられないと思います。
法人として実績を積んで法人名義の資産も増えてくれば法人のみで融資を受けられるようにもなってくると思います。
その時はサラリーマンの融資枠などにとらわれることなく買い進めていけるでしょうし早くそのステージに達したいです。

会社の副業規定で副業が禁止されている場合でも個人事業主で賃貸業をやっている限りは処分を受けることはないという見解が一般的ですが、法人の代表になってしまうと会社と揉める原因となってしまうかもしれません。
配偶者や両親を法人の代表にすればよいと思いますが私の場合は独身で両親とも疎遠のため私自身が代表になっています。
私のサラリーマンの会社は副業規定で禁止などはされていないのと、最悪バレても構わないと思っているのであまり気にしていないです。


よろしければ最後に応援クリックのご協力をお願いします
法人経営
スポンサーリンク
シェアする
ヨッシーをフォローする
不動産賃貸業と主夫で経済的自由を獲得

コメント

  1. 先日質問した者です より:

    わざわざ記事まで書いていただきまして、ありがとうございました。大変参考になりました。

タイトルとURLをコピーしました